11話小野田さんの植樹の話を聞いて

竈山神社に最初にお参りした
時に感じたことを思い出しました。

イツセのお兄さん(五瀬命)の大きさ・・・
自分だけのためではなく
本当に 日本の平和のために、
日本全体安泰して平和発展していくように

かつ、
世界平和のために、
すべてを捧げて、こんにちまで来られた・・・

という感じと

それから

小野田さん
「何代にもわたる恨みこだわり捨てて植樹する。」
敵味方に分かれるのは終わった。」
戦いは終わった。」

両方とも「平和」につながる感じがしました。

そして、

この話をお聞きした時に

小野田さんのこと
「世界平和」としてブログに書いて

公に出すように言われたかのような気がしました。

と同時に
「いやー、でもー、
そんなん勝手に出してもえぇのんか?」

とも思い、その日は眠りました。

・・・・・・・・・・

翌日「小野田さん 神社」で検索すると

小野田さんは
日本書紀において
神武天皇軍に滅ぼされたとされる

「名草戸畔(なぐさとべ)」の遺体の
頭部を
祀ったと言われる海南市の
「宇賀部神社」の宮司家の出身

である」ということが書いてあるサイトが
いくつもありました。
そのうちの一つが↓こちら

https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1023599-d8827569-r327716702-Ugabe_Shrine-Kainan_Wakayama_Prefecture_Kinki.html

 

それだけでなく小野田さんの先祖であり、
神武側に滅ぼされたというナグサトベについて
調べて書かれた本も出ています。

   ↓↓↓

なかひら まいさん の
「名草戸畔 古代紀国の女王伝説」
・・・・読ませていただきました。)
http://studiomog.ne.jp/nagusa.html

小野田さんの先祖がナグサトベだということは
色々なウェブサイトにも本にも出ていました。

だったら書いても構わない
んじゃないかと思いました。

小野田さんの植樹の話を
お聞きして2日して(3月22日から)
執筆に取りかかり始めました。

まずは
一連の出来事を思い出しながら

順番に整理してワードに書き出しました。

そしたら
世界平和の話は
これだけではすみませんでした。

13話に続きます。