タグ「 神社 」の記事

24件の投稿

石切神社の上の社にある、 登美霊社の祭神、三炊屋媛(みかしきやひめ)の 「心配している母の心」と 古代から連綿と続く「女性達の平和への祈り」 と共感し、世のすべての女性達と一緒に 祈るような気持ちで手を合わせました。(前 …
前話で石切劔箭(いしきりつるぎや)神社に行ってから 上之宮にある、 日本武尊(やまとたける)の奥さんや 長すねさん(長髄彦)の妹さんが 祭神になっている神社に行きたかったので 1週間後に主人と再び訪れました。 (ですから …
石切神社の上之社の本殿でお祈りし終わった時 (44話参照)主人は隣にいませんでした。 ふりかえると 祭壇からちょっと離れたところにいました。 ・ 「あれ? なんでそんなところにいるのだろう?」 と思いました。 ・ そして …
石切駅の踏切の向こうに出て 石切神社の上之社に向かいました。 その道は参道というより 住宅地の中の道を歩くという感じでした。 鳥居をくぐり、石段をのぼりました。 石段が真っ平ではないため、のぼるのが ちょっとしんどかった …
古代米(赤米)についてのお話をお伺いした(前33話) 勉強会の帰りかけの時にチラシを頂きました。 それは 宇治の歴史を探訪するツアーの案内でした。 宇治の歴史はあまり知らないので 参加申し込みしました。 ・ ツアーの2日 …
前32話から続いています、 安原先生の「古代米」の「赤米」のお話の 終わりの方で、 こういうお話がありました。 ・・・・・・・・・・ 「赤米を栽培していたことを表している、と いうことがわかる地名もあります」 というので …
いつせのお兄さん(五瀬命)が亡くなってから 弟のイワレビコが苦戦を続けていた時 の夢(前29話参照)をみて、 1週間ほどして、6月20日に 和歌山の竈山神社に再び行きました。 ・・・・・・ まず、この日は 竈山神社を教え …
安仁神社にお参り(26話)したあとで、 その前日にみた神武東征の光と影の夢(27話)を 思い出しました。 ・ 五瀬命がお米を皆に食べて貰いたいと思って 始めた神武東征が、後に戦いになったことで 葛藤されつつ「神に誓った夢 …
神武天皇の兄・五瀬命の命日で 竈山神社の「雄誥祭」(前22話)のあと MさんAさんと三人で お茶をしました。   美味しいケーキを食べてから Mさんの人間関係に苦労された話を Aさんと一緒に聞いていました。 ・ その時A …
竈山神社のお祭りの式典の時(21話参照) 宮司さんのお話のなかで一番驚いたのは 五瀬命の命日は5月8日ですが、 それは本当は旧暦ですので・・・。 旧暦の5月8日というのは 新暦で言うと 6月20日の雨の沢山降る頃です。  …
PAGE TOP