自信メソッドの柳澤由理です。
(聴覚障害で補聴器を使っています)
+++++++++++++++++
自分に自信がない人は
理想家であり
 
自分に対して高い理想を求めます。
 
自分の現状や
ありのままの自分を受け入れる
 
ことができず、
 
自分で自分を崖っぷちから
突き落とすような勢いで
 
「だめでしょ」とか
「できてないでしょ」とダメ出しを
して 追いつめてしまいます。
 
・・・・ということを
 
 
この「できてないでしょ」は
 
おそらく子どもの頃、
 
忙しかった親から
 
せわしなくせっつかれるように
 
躾けられ、教育された時の様子を
 
 
そのまま 親がいなくても
 
自分が自分にむかって
 
追いつめるようなことを
 
しているのです。
 
 
 
まるで自分の中に親の小型が
 
いるようなものです。
 
 
頭の中で 親の声がこだまするのです。
 
親の価値観が 自分の価値観になって
しまっているのです。
 
親の考え方が 自分の考え方になり、
 
自分の人生なのに親に支配されて
しまっているのです。
 
 
そのことに気づいていない人が多いです。
 
 
気づいたら変えていくことは可能です。
 
 
なぜかというと、親の考えや
親から指示されてきたことは
 
 
いわば
脳のなかの「ソフト」みたいなものです。
 
アップデートしたらいいのです。
 
 
 
頭の中にまだ昭和の時代が残っています。
 
昭和の時代だから悪いということは
ありません。
 
でも人々が平気で「差別用語」を
口にしていた時代でもあります。
 
時代錯誤な感覚のまま生きているとしたら
それは頭の中が昭和か大正時代で止まって
いるのです。
 
 
 
自分を追い込む癖があるひとは、
親から伝えられた感覚をそのまま
使っている事が多いので
 
アップデートするといいです。
 
 
 
どうやってアップデートするか?
 
(ちなみに
 古い感覚のすべてが悪いのではなく
 古い感覚の中の、一部今の時代に
 そぐなわないものがあるので
 それを 手放すのです。)
 
 
アップデートのしかたは
次回に書きます。
 
+++++++++++++++++
 
 
「私の悩みのこんなケースは
 セッション可能ですか?」
 
と思う方は
 
下記のお問合せフォームで ご質問ください。
 
 
 
セッションメニューと料金
 
セッションお申込み
お問合せフォーム
 
 
 ************
 
よろしかったら
お友達にこのメール講座をご紹介ください。
 
登録フォーム
 
解除フォーム
 
(基本的に週2回火曜と金曜の夜7時に
 発行します)
 
アドレス変更フォーム:
 
バックナンバーはこちらで見れます。
  **********
 
 
 ■Facebook