他人中心から自分中心に戻る 身体の声が聞こえる訳8から続いています。

キネシオロジーの
トレーニングを進めていくと

「私は この ありのままの自分でいい」

という自分感覚を取り戻しました。

・・・

日本各地から集まってくる仲間と
話していったり

自分を解放していくと
生まれてはじめて
素直になりました。

☆彡

そうして修練を積み重ね
ファシリテーターの資格も得て

上級ファシリテーターの資格を得るために
アメリカまでひとりで飛んでいきました。

☆彡

アメリカのLA郊外のバーバンクに
2週間滞在して
まるっきり英語の周波数に合わせて
過ごしました。

☆彡

帰ってきたら、日本語が
わからなくなりました。

・・・

ぃゃ、日常会話は、できるといえばできるけど。

英語脳になってしまい、

英語は 物事を 結論から話すので
脳の思考の作りが そうなってしまったんです。

・・・・・

帰ってきたら

日本の、特に、
京都みたいな、
ものごとをはっきり言わない日本語・・・。

どんな風に話したらいいの?

と 途方にくれました。

***

その時、TVの対談番組や 落語家の噺は
非常に役立ちました。

   その頃、見ていた古典落語は
わたしのセッションの
基本形にまでなっています。

9つ年下の彼氏ができる 身体の声が聞こえる訳10に続きます。