自信メソッド 110号自営業で行動が起こせないFさんの意外な原因 その2


 

自信メソッドをしています、
難聴セラピストの柳澤由理です。
(聴覚障害で補聴器を使っています)

     *** ***

みなさん、こんにちは。
 春のお彼岸ですね。

前号からの続きです。

(Fさんから許可頂いて書いています)

Fさんは価値観のちがうご主人から
ガミガミ言われ、否定されるような
ことを言われ

「私は 否定される」
「私は ガミガミ言われる」
と思うと

「行動が起こせなくなる」

ということでした。

でもよく話をお伺いすると

Fさんは 短気なお父様から
相当ガミガミ言われていた
ことが関係しているのではと

推察できました。

Fさんに お父様との関係を見直す為に
「場面を再現する」ことを提案しました。

 そこでは「ロールプレイ」という手法を
 使い、現実に起こった場面を再現しました。

 それぞれの人物の役を演じることによって、
 自分と関わった相手気持ち行動意味
 などを 体験し、学習する方法です。

  早い話が「相手の立場になってみる」ことができる手法です。

 Fさんは今回、ロールプレイの手法で
 「ガミガミ言う父親」
 というイメージを外して、
 新しい見方で父親像を捉える事ができました。

 そしてご主人のことも新しい見方で
 捉えることができるようになりました。

隣の部屋に移り、
そこをFさんの御実家での
Fさんとご両親のいらっしゃる
「団らんの部屋」と仮定しました。

まずFさんに想像してもらいました。

・お父様のすわっておられる場所
・お母様のおられる場所、
・そしてFさん自身の場所を
想定していただきました。

そこは こたつのある部屋
お父様とお母様は向かい合って座り、
Fさんから見て
右にお父様、左にお母様の位置でした。

 

  ↑↑↑↑こんな感じです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

まず、1回目


Fさんにお父様の席に座って
頂きました。

そしてお父様が怒鳴っているように
マネして怒鳴って頂きました。

こういうセリフでした。

(父は 母を見ながら怒鳴る)

「まだご飯できてへんのか!
 出かけんならんのにっ
 電車の時間間に合わへんかもしれん
 まだなんかっ!
 もうえぇわっ!!
 行くで!!」

「やってみてどうですか?」と
Fさんにお聞きしました。

「はい、
 お父さんはいつもこんな風でした
というお返事でした。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

2回目 役を交代して

わたし(柳澤)は「父役」をやり
さっきのセリフを言い

Fさんは自分の席に座り
「F役」として、

わたしの「父役」の怒鳴る調子を
聞いてもらいました。

やってみて感想です。

私が「父役」をやってみて感じた事です。

「怒鳴るから怖い人」と思ったのに
意外に小心者で、ビビり症。
時間に遅れるかどうか気にしていて
それゆえに家族に当たっている感じ
しました。

Fさんは「F役」をして

「お父さん、
そんな怒鳴らんでもえぇのに」
思ったそうです。

つまり、子どもの頃、怒鳴る父を見て
そう思っていた、ということですね。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

役を交代して 3回目です。

Fさん「怒鳴る父の気持ち
意識を向けながらもう一度
「父役」で怒鳴っていただきました。

怒鳴り終わってFさんに
「父役していかがでしたか?」と
尋ねてみました。

すると
めっちゃ気が弱い。
 怒鳴っているというよりは
   おろおろしてる感じ。

 時間を気にしすぎて、
  何を言ったらいいか
   わからなくて頭が真っ白になって
    それで怒鳴る、みたいな。」

と言われました。

そう!
わたしが2回目で「父役」をした時も
そんな感じでした。

 

これ以前
今回ロールプレイで父役をするまで
Fさんにとって、自分の父親像
怒鳴っている。
 イラチ。短気で危険。
 ひとにつっかかってくる
という印象しかなかったようです。

そこに

実は小心者だったかも

という事や

怒鳴ったのはそれだけ時間を気にして
 パニックを起こしていたから

という事には
それまで全然気がつかなかったそうです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
その理解をふまえて、

4回目 役を交代して

FさんにはF役を
私が父役をしました。

そして、
お父様の気持ちが理解できたうえで、
怒鳴っているお父様を見て、

そのお父様に向かって
F役のFさんは
 何が言いたいか?
 どんな言葉をかけたいか? を

体感していただきました。

父役の私は、おろおろする気持ちを
ふきはらうような感じで怒鳴りました。

Fさんは 父役の私に向かって言いました。

お父さん、
 荷物はまとめて用意してあるし、
 大丈夫や、間に合うで。
 家の戸締りも私が見るし、な。

Fさんは先ほどまでの
いややなぁ、お父さんうるさくて
という感じががらりと変わり、

どぉん! とした
 物凄い貫禄のある雰囲気になりました。

父役のわたしは、

「おぉ~ この子は、
 なんとしっかりした、
 頼れる子になったことか!」

と、Fさんを見直すような目で見ていました。

Fさんに
「それを言ってみてどうでしたか?」
と聞きました。

Fさんは
大丈夫や、お父さん、て感じがしました。」
と言われました。

Fさんはお父様のガミガミが
不安症、心配性からくるガミガミであり、

 怒っているから 怒っている
 とは 限らないこと

を理解されました。

そして 実は小心者だったお父様
不安な気持ちをまるごと受け入れて
しっかり底から包み込むような包容力
見せて、「大丈夫や」と言いました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

その理解をふまえて

おうちで ガミガミ言うご主人
怒って ガミガミ言っているのではない、
不安から言っているかもしれない。

言葉のうわべだけでなく、
相手の気持ちから見て行こう
相手の心をうけとめて行こう

という 御主人を
「受け入れる」視点から接することを
提案させていただきました。

Fさんは それまでご主人を
そういうところから見たことは
なかった、そうです。

自分のやりたいことに対して
反論してくるご主人は
「わたしのことが嫌いなんかっ」
と思ったようです。

ご主人の不安な気持ちを理解してみる、
受け取ってみる、チャレンジです。

場面再現で

Fさんは
「父親はこういう人!」
という思い込みがはずれ、
優しい態度で 怒鳴っている父親に
接することができました。

ご家庭でも

もしかしたら
「夫はこういう人!」
という思い込みがはずれて、

まったく新しい視点でご主人を観ることが
できて、新しい態度で接することができる
可能性ができてきました。

そうするとご主人との関係も良くなり
自営業の仕事の行動も起こせるように
なりますね!

セッションのあと
Fさんからメッセージがきました。

「今、食後で
 夫といろいろ話ができてたところです。
 今日は優しく喋ることができました。
 今日のを続けていきたいと思います。」

良かったですねー。
この調子で続けていってください。

********************

実は
こういう風に悩みを解決していくという事は
Fさんだけのことではなく、Fさんのお父様、
おじい様、それ以前の御先祖様から伝わる
家系上のテーマを解放することにつながります。
それが
Fさん自身の解放
Fさんとご家族との関係、
Fさんとお子さんとの関係にも影響します。
Fさんから良い影響が広がっていくのです。
先祖供養になると同時に、家系の流れを
良くするということにもなっていきます。

 

「私の悩みのこんなケースは
 セッション可能ですか?」

と思う方は

下記のお問合せフォームで ご質問ください。

セッションメニューと料金
http://rainbowlife.halfmoon.jp/wp/session_menu/

セッションお申込み
お問合せフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=110640

 

よろしかったら
お友達にこのメール講座をご紹介ください。

登録フォーム
https://maroon-ex.jp/fx41994/NLUBLV

解除フォーム
https://twelfth-ex.com/dm/41994/3/

(基本的に週2回火曜と金曜の夜7時に
 発行します)

アドレス変更フォーム:
https://twelfth-ex.com/chg/41994/3/

バックナンバーはこちらで見れます。
http://billion-ex.com/bkn41994/nikobody/

■Facebook
  https://www.facebook.com/yuri.kirakira/

■ブログ「自信メソッド」
  http://rainbowlife.halfmoon.jp/wp/

 

 

 

 

柳澤由理
一流のアーチスト・セラピスト・経営者の方に向けて どこへ行っても解決できなかった長年の癖やトラウマ解放の コンサルタンティングをしています。 あなたの心と体を整えて、望んでいる未来へのパワーを取り戻します。