家族まんが 怒りっぽい家族と話す時は・・・3(全3)


自信メソッドの柳澤由理です。

Bさんの体験をお聞きして、家族まんがにして
書いたのをこちらに発表しています。

        ****

家族と話していると、

つい自分の不機嫌をそのまま家族にぶつけてしまい、

そこから喧嘩になるということもありうることです。

改善策、対策について、書きました。

        *****

この会話法をきちんと取り組んでおくことで
あなたは お仕事で ステップアップして
いくチャンスにも なります。

        *****

 ①止める。
相手の話を聞いていて
気持ちが溜まってくる
ちょっと途中で
相手の話を止める。

「ちょっと待って」と。

溜まりまくるまで
我慢すると話しにくく
なるから、早めにね。

 ②確認

「あの、確認させて
貰いたいのですが、
これこれと
言われていたと
思うのですが、
そう聞こえてたのですが、

合っていますか?」
と尋ねる。

 ③相手の説明を聞く

相手が
これこれこういうことを
話していた、と
説明してくれるのを

聞く。

 ④受け取り

「あ、そうか、
わかった」と受け取る。

これにより
妄想で暴走することなく
(必要以上に
不安になることなく)

冷静に状況を把握する
ことができる。

 ⑤再度確認

相手が話してくれたことを
復唱する。

 ⑥自分の言い分や
状況を説明する。

⑤で相手の言ったことを
きちんと受け取った、と
相手に示してから

自分の状況を説明したり
言い分を話す。

この時は 相手の言うことを
きちんと受け取った後なので

落ち着いて言える。

面倒かもしれませんが、
この手順を踏んだら、確実に
相手の話を受け取れるようになります。

また、

相手に自分の思っていることを
伝えることもできます。

人によっては
練習がいるかもしれませんが
やってみてください。

「こんなの、できる」と思っている方でも
一度練習してみてください。

意外に役にたつものですよ。

最後にまとめてみますね。
「止める」
「尋ねる」
「聞いて受け止める」
「復唱」
「聞く」
「述べる」の順です。

初めから見てみたい方はこちらをご覧ください。↓↓

怒りっぽい家族と話す時は・・・1

怒りっぽい家族と話す時は・・・2

柳澤由理
一流のアーチスト・セラピスト・経営者の方に向けて どこへ行っても解決できなかった長年の癖やトラウマ解放の コンサルタンティングをしています。 あなたの心と体を整えて、望んでいる未来へのパワーを取り戻します。