家族まんが 怒りっぽい家族とうまく話すには・・・2(全3)


自信メソッドの柳澤由理です。

前ページから続く「家族まんが」です。

    ********

前ページは こちら

 Bさんは 怒りっぽくて
 機嫌の悪いお父さんに
 ぽろっと 言います。

 (多分、お父さんは
 怒りっぽくて困る
  みたいなこと・・・)

 すると、お父さんは 激高し、

 「お前の言い方、キツイ!」
 と反撃します。

実は、Bさんは 何を言ったか
覚えていないのです。

ちょろっと 言っただけです。

 だから、たぶん、

 大したことは言ってない。
 だから 気にしなくてもいい、よ。

 ・・・と
  自信メソッドの柳澤は
  Bさんに言いました。

そこまで きて、

じゃあ、その時、
お父さんにどういえばよかったのでしょうか??

我慢に我慢を重ねて、言いたい事も言えず、黙り込んで

そのまま一生黙り続けて生きるのでしょうか?

それとも

我慢して、耐える癖がついてしまい、

話す段階になると、

 「もう、相当、我慢して 溜めてしまった思い」

であるから、素直に言えなくなり、

相手と 戦いモードで言ってしまう、ということに

なりかねません。

 

そうなると、お父さんと同じ道を行ってしまいます。

では、どうしたらいいでしょうか?

「ストレスがあってうまくいかない」事が
あったら、そこを見直して「新しい取り組み方」
をみつけていくことで、
あなたはもう一段上のステージにあがっていく
ことができます。

私的にも公的にも、ステップアップのチャンスです。

新しい取り組み方は続き→→3のページへをご覧ください。

戻る   1のページへ 

続き→→3のページへ

柳澤由理
一流のアーチスト・セラピスト・経営者の方に向けて どこへ行っても解決できなかった長年の癖やトラウマ解放の コンサルタンティングをしています。 あなたの心と体を整えて、望んでいる未来へのパワーを取り戻します。