*柳澤由理のトラウマ解放メールマガジン
********************

トラウマも苦手意識も超える
再決断カウンセラーの柳澤由理です。

********************

  ただいま毎月先着5名様までの
  特別モニター価格での 体験セッションの
  キャンペーンをしています。

 「お仕事をされている女性のための
  人間関係の悩みを解放する
  からだとこころを紡ぐ体験セッション」

 ご案内とお申込みはこちらをご覧ください。
  ↓↓↓
http://rennai620.sakura.ne.jp/index/stresswomen_change/

  ************

前号http://rainbowlife.halfmoon.jp/wp/2017_0731/からの続きです。

人手不足で大変だ、という
超多忙な現場で耐え続けて、健康を損ない
かけているAさんにセッションをしました。

我慢している、ということが顎に出ました。

顎に触れて顎の我慢ストレスをリセットして
いる間に、身体に尋ねると

「意図」というキーワードに反応しました。

つまり、Aさんは何のためにその職場の
その部署に移って、そんな苦しい目にあう
はめに陥ったか?

それには「意図」があるのです。

Aさんがそこで何かをするためにという
「意図」があって、そこに移ったのです。

そこへの理解のヒントとして
「我慢しつづけてきた」ということと、

「我慢し続ければし続けるほど
 えらがはってきて、力強くみえてしまい
 この人は まだまだ大丈夫」なように

 まわりから見えてしまう、こと。

それとAさんは「残業代」は入った、と
言うので、

もしかしたら、Aさんおよび、Aさんの部署の
人全員に「残業代」を出すくらいなら、

雑務だけのためのひとをバイトで雇えばいい
のではないか?

と言いましたら、
 Aさんは それもそうだ、と言われました。

そして、どれだけその雑務の回数が多いか
ということを記録して、データにすれば、
上司にもわかるし、
上司の上司にもわかります。
誰が見てもわかるようにしてしまえばいいのです。

そこまで 話が進んだ時
「そこの部署が浮かばれるために」
という声と
「Aさんの人生が浮かばれるために」
という声が

直観で降ってきました。

次の号に続きます。

☆彡 セッションについてのご質問や
  このメール講座についてのご質問が
  ある方はこちらへメールしてください。

 →→ yurikirakira358@gmal.com

  **********

よろしかったら
お友達にこのメール講座をご紹介ください。

登録解除フォーム
https://maroon-ex.jp/fx41994/NLUBLV

(基本的に一日おきに週三回発行します)

アドレス変更フォーム:
https://twelfth-ex.com/chg/41994/3/

■通常のsessionはこちらでお承りしています。
  お申込みフォーム
  http://form1.fc2.com/form/?id=110640

■Facebook
  https://www.facebook.com/yuri.kirakira/

■アメブロ
  http://ameblo.jp/yuriloveme88