人間関係の困難1 動こうとしない部下に指示をする時   Aさんの場合


柳澤由理のトラウマ解放メールマガジン

  32号
 「人間関係の困難1
  動こうとしない部下に指示をする時
  Aさんの場合」

京都宇治で
からだの記憶通訳カウンセリング

トラウマも苦手意識も超える
再決断カウンセラーの柳澤由理です。

  ただいま毎月先着5名様までの
  特別モニター価格での 体験セッションの
  キャンペーンをしています。

 「お仕事をされている女性のための
  人間関係の悩みを解放する
  からだとこころを紡ぐ体験セッション」

 ご案内とお申込みはこちらをご覧ください。
  ↓↓↓クリックしてください↓↓↓
http://rennai620.sakura.ne.jp/index/stresswomen_change/

  今回は女性限定です。
  対面セッション場所:京都宇治の柳澤宅

  ************
最近、起業家の方や
企業の中間管理職の方にセッションを
させて頂いています。

多くの場合、
お仕事の悩みは 人間関係の悩みである
ことが多いです。

職場での人間関係の悩みは
そのまま仕事の出来不出来に表れてきます。

もし、部下に仕事を指示しても
毎回 すぐに動いてくれない場合
困りますね。

はっきりと叱り指示をしたところで

部下からは
「できない理由」の言い訳が山ほど
かえってきて、

 本当にできないのか?
 仕事へのやる気がないのか?

やる気のない部下にやる気を起こさせ
動いてもらうというのは上司の腕の
見せどころでもあり、同時に難関でも
あります。

 Aさんの場合も同様でした。
 Aさんの許可を頂いてシェアさせて
 頂きます。

Aさんは

部下に指示した仕事ができているか尋ねると

部下の態度は煮え切らないし、
「やろうとしない」ように見えてくる・・・
「できない言い訳」ばかりで

Aさんは
 「はぁ? 何を甘えてるねん!」と思い

Aさんは「納得できない」感がして
  即決して
  バッサリ切るようなことを言ってしまう

 ・・・・というのです。

このお話をお伺いし、

「それでは どうしたらいいと思いますか?」

と 尋ねてみました。

すると Aさんは

「私が もっと余裕をもって
 部下と一緒に考えたら
 いいのではないか?」

と言われました。

さすがです!

Aさんは部下を変えようとせずに

(もちろん相手を変えようとしても
 無理なのですが)

自分の対応の仕方を変えて
余裕をもって 相手と一緒に考えてあげる
といいのではないか、と 言われました。

そこで
もう少し踏み込んで尋ねてみました。

  部下のことがどんな風に
  「納得できない」感じがするのでしょうか?

するとAさんは

  部下がまるで「楽をしようとしている」
  ように見える。

  部下は「できない」と言うのですが

  Aさんから見ると「できるでしょ」と思う

  ・・・・・ということでした。

そこまで話された時

私は Aさんの背後と言いますか、
まわりに「怒り」のようなものが
ある気がしました。

Aさんの淡々と話されている口調とは逆に

それは「認知されていない怒り」
のような感じがしました。

Aさんが生きてこられた「人生」からの怒りで

「出してはいけない」と思っている「怒り」
のようなものが 感じられました。

そこで私はAさんに その怒りのことを
話してみることにしました。

 Aさん、
 私は今Aさんの周りに怒りを感じています。

 Aさんの人生からの怒り、
 怒ってはいけない・・・と抑圧してきた怒りが
 あるのではないでしょうか?

 もしかして
 部下には Aさんの言葉ではなく
 Aさんの認識していない怒りが伝わって
 しまっているのではないでしょうか?

と言いました。

Aさんは 驚かれどういう事かな、と
思われたようでした。

例えば

怒っても 怒ってはいけない、と抑圧すると

 本人は怒っているつもりがなくても
 本人の周りの空気に 怒りが出てくる
 ことがあります。

 相手には本人の言葉ではなく、
 外側に漂っている雰囲気が伝わってしまう
 場合があります。

 Aさんの人生からの 抑圧した怒り
 というようなものが伝わってきます。

と言ったところで、

なぜか、Aさんと わたしは 二人で

涙を流してしまいました。

なぜ泣いたのか、Aさんにもわたしにも

わかりませんでした。

涙がおさまる頃、

これから次のセッションまでの間に

「怒り」を感じてみてください。

と 申し上げました。

それから一か月の間に

なんとAさんは部下の方への接し方が
変わったそうです。

部下の方の態度は相変わらずで
変わらないけれども

ご自分がばっさり切断したところで
事態が良くなる訳ではない、と
悟られたらしいです。

そして
「状況説明」をして
指示している仕事の「優先度を高く」して
もらって、動いてもらうようにしている

というのです。

それは 本当にお互いのためですね。

怒りを感じて頂くようにしただけですが

こんな風に変化が起こるとは。
 
 

わたしも、セッションの効果に
驚きました。

**************

お仕事のお悩み、人間関係の悩みを

おもちの方は

是非セッションを受けてください。

通常のsessionはこちらでお承りしています。
  お申込みフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=110640

**************

☆彡 セッションについてのご質問や
  このメール講座についてのご質問が
  ある方はこちらへメールしてください。

 →→ yurikirakira358@gmal.com

  **********

よろしかったら
お友達にこのメール講座をご紹介ください。

登録解除フォーム
https://maroon-ex.jp/fx41994/NLUBLV

(基本的に一日おきに週三回発行します)

アドレス変更フォーム:
https://twelfth-ex.com/chg/41994/3/

■通常のsessionはこちらでお承りしています。
  お申込みフォーム
  http://form1.fc2.com/form/?id=110640

■Facebook
  https://www.facebook.com/yuri.kirakira/

■アメブロ「トラウマを解放する方法 柳澤由理」
  http://ameblo.jp/yuriloveme88

■ブログ(このブログ)
「京都府宇治市 トラウマ解放カウンセリング 柳澤由理」
  http://rainbowlife.halfmoon.jp/wp

 

柳澤由理
一流のアーチスト・セラピスト・経営者の方に向けて どこへ行っても解決できなかった長年の癖やトラウマ解放の コンサルタンティングをしています。 あなたの心と体を整えて、望んでいる未来へのパワーを取り戻します。