身体こころ通訳カウンセリング の 柳澤由理です。

   ***************

からだの声、
心の声、通訳します。セッションはこちら

http://form1.fc2.com/form/?id=110640

   ***************

春につきものの、お引越し。

 Iさんは お引越しの準備で 段ボールと格闘

していらっしゃいました。

その時に痛めた 右手の親指の根元

まず 一番はじめにヒーリングさせて頂きました。

それは 前ページです。

    ***********

掌にふれて、気持ちを共感して、共有していたら

りきんで 張り詰めていたのがゆるみました。

痛みが すっと消えました。

    *************

引越しの作業 というと 右手だけじゃなくて

左手も 使いますよね。

ということは次は 左手にふれてみました。

    **************

すると

 左の 掌と 指から 何やらぶつぶつと

 つぶやきが 伝わってくる・・・・?

「左手なのに、なぜ?

 右手が つぶやくというのは わかるけど」

と 思って Iさんに 言ってみましたら

   なんと!

 Iさんは もともと 左利きだったそうなんです!

  そうか!

 利き腕の 手が(一般的には右手)

 ぶつぶつと 頭で考えた思考をつぶやくというのは

 わかります。

 でも なんで、左手が こんなにつぶやくんだろう?

 と思ったら、もともと左利きやったんか~!

    そうかぁー

「右手は 力仕事、

 左手は 色々細かいことをやってる。」

と Iさんは、左右の手を使い分けていらっしゃうそうです。

「左手は 色々と細かい作業。

 そうか、だから頭の中の思考と

 リンクしてるんやな! 合点!」

     *********

その時 Iさんが

「私な、左手の中指、けがしやすいんや。

 切ったりしやすいんや」

と おっしゃるので、

左手の 中指にふれてみますと

確かに「切られた~~~!」と言っています。

その左手の中指にふれながら

「そうか、そうか、はさみで切りやすいって

 Iさん言うてはったもんなー、

 中指さんからしたら『切られたー』って感じやろなぁ」

と 共感しながらその痛みを共有していました。

すると 突然、その左手の中指から

 驚きの知らせが!! え? と びっくりしました。

  これ、また続きます。