お悩みをお持ちの方の
ご相談の時にからだの声を交えて
カウンセリングいたします。

今回はお仕事に出かける準備の時、
毎回慌ててしまわれるというご相談でした。

まぐまぐをはりつけています。

メルマガ購読・解除
 
497号
 「慌ててしまう方 からだ通訳セッション1」



からだ通訳カウンセラーの
柳澤由理です。



みなさん、こんにちは。

前号では
「からだ通訳カウンセリング」の

セッションは どんな風にするのか

というお話を書きました。

        ・

なんで いつもいつも

 これを繰り返して

しまうんだろうなぁ、とか

 本で読んでも 理屈はわかる、でも

現実は変わらないんだよなぁ、とか

言う人は 頭でしかやっていないから

なんですね。

       ・

例えば ある女性は

いつも出勤する前に

ジタバタしておられました。

いつもぎりぎりになってしまうので

早い時間から家事などの出発前にやる

べきことを取り組もうと思うのですが

どうしても ぎりぎりになってしまうのです。

         ・

 どうしてだろうなぁ、

 どうしたらいいんだろうなぁ

と 思われていました。

     ・・・・・・

それでセッションを受けられました。

     ・・・・・・

まず意外なことでしたが

「お祖母さま」と「お母さまや自分」の

関係を見直す必要がある、と出ました。

        ・・・

意外なことですが、

女性は自分のことは「自分と母」の関係

ではなくて、「自分と祖母」の関係が

影響しているっていうことが結構あります。

「おばあちゃんっこ」だったりしますと

そういうことがあります。

         ・

そして

そのお祖母さまがしっかり者だったんですね。

お祖母さまはそういう人だった、

そういう生き方で逞しく生きてこられた

ということを認めたうえで


そのお祖母さまの強い早い逞しい部分は

その女性の中にあるのですが、

それを全面に出そうとしてギャップが

生じたようなのです。

         ・

決め手のヒントは、

筋肉に尋ねましたら

「自分がどのようにしたいか?」

ということでした。

         ・

ひとによって どうやっていったらいいか

の見方の切り口は 違うのです。

その女性は「自分がどのようにしたいか?」

ということでした。

         ・

例としてこんな風なのがありますよ~

と 提示してみました。



1)ゆっくりのんびりと準備するのもOK

(その場合はたくさんの事はやれないので

 やることを吟味して、

 決めたことをじっくりそれだけやる、

 ということになります。)


2)ぱぱぱっと 出かけてしまってから

 出かけた先で ゆっくりしてしまってもOK

(その場合は家でやることは

 本当の最優先のことだけです。

 その代わり 出かけた先でゆったりします)



3)ミックス型

あれとこれはじっくりやる。

でもあとはさささーっと手抜きで流す。

(しっかりやりたいものはしっかりと

 さらっとやってしまうことはさらっと

 やる。)


一言で「一生懸命やる」と言っても

色々ある訳です。



掃除と兼ね合わせて説明してみました。



1 じっくり丁寧にやるのも一生懸命だし

 (丁寧な掃除とか?)

2 段取りよく沢山のことをすばやくやる

  ことも一生懸命だし

 (掃除グッズを使用してもよい~)

3 ひとつのことをじっくりやりながら

  細かいことを横で同時進行してやる

  のも一生懸命です。

 (つけ置きしながら掃除機をかける等)


「その時その時の

 あなたがしたい方法を

 すればいいのですよ」

と 申しました。


その方は

はじめは「1ゆっくり」のやり方で始めて

途中で慌てて

「2急いで」のやり方に移行する訳です。

何をじっくりしたいのか?

何は急いでやるのか?

もしくは

「今日ははじめっから

 これしかやりません、

 これだけをじっくりします」

と

決めて 取り組むのがいい

という時もあるのではないでしょうか。

        ・

その時、その女性は

 ゆっくりと呼吸をされました。



  ばたばたばたばた~と

  駆け足での毎日

  ゆっくりしたい時もある。

  能率よく効率的に駆け回る時もある。

  どちらの自分も受け入れて

  どのやり方も自分で選んでいい~

ほっこりされました。

         ・

セッション感想をいただきました******

Kさま*******************

 普段は頭で考えて「正しい正しくない」を

 判断しているから、本当は嫌でも

 嫌なんだとわからないことで無理をして

 しまうことがあります。

 今回、柳澤先生のしてくださった

 からだの声を聞くセッションでそのことが

 わかりました。

 からだの反応は 自分の本当の気持ちを正直に

 出しているんだと思いました。

 からだに聞いていけば病気もなくなると

 思いました。


セッション後の変化

 切迫感がなくなり、心が楽になりました。

 どうするかということを自分で選んだから

 OK!と言えるようになりました。

 自分を責めるのをやめることができました。


仕事や生活の変化

 心に余裕をもって過ごせるようになりました。


受けてみて、この「からだ通訳カウンセリング」の

セッションはどんな人にいいと思いましたか?

 自分の本当の気持ちがわからない人や

 自分の頭・気持ちの整理がついてない人

 に いいと思いました。


       *****

からだ通訳カウンセリングセッションを
承っています。

只今、対面でモニター価格でおこなっています。

ご希望の方はこちらのフォームで
お申込みください。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=0dffc6140c746a51



また
「ワーキングウーマン
 人間関係板挟み解消プログラム」
の準備をしています。

6回コースのプログラムになる予定です。

またご連絡いたします。


ご意見やご感想、お悩みを募集中
このメールにご返信ください。

☆セッション受け付け
 http://form1.fc2.com/form/?id=110640

☆Facebook
  https://www.facebook.com/yuri.kirakira

☆ブログ1 ビー・ナチュラル
  http://rainbowlife.halfmoon.jp/wp
☆ブログ2 虹色の人生
  http://yulilove.hatenablog.com/

☆一筋の光から夢かなう・トラウマ解放「きらきら」
       http://rainbowlife.halfmoon.jp/