トラウマ解放して
あなたの人生、変わってしまってもいいですか?
からだ通訳カウンセラーの 柳澤由理です。

トラウマって 感情との関係が深いですよねー。

そこで感情について考えてみました。
このページは(2)です。

前ページで漫画を載せました。

☆☆彡

「感情」は 喜びとか 悲しみとか 怒りとか 色々あります。

「感情」とよく似た言葉があります。

それは「気持ち」とか「思い」です。

「感情」と「気持ち」「思い」との違いって

何だか、わかりますか???

☆☆☆☆☆☆

☆ぴ☆

☆☆☆☆☆☆

☆ぴ☆

☆☆☆☆☆☆

☆ぴ☆

ぽーーーーーーーーーーーーん。

はい、こたえてください。

これ、正解というものはないんだと思うんです。

人によって
「気持ち」っていうのは、こう、
「思い」っていうのは、こう、
「感情」っていうのは、こうだ

という『定義』が違うと思います。

☆彡

あくまでも わたしの考え方ですが、

感情 というのは
言葉をもたない、赤ん坊のころからあるもの。
純粋に心のなかに湧き上がるエネルギーである。

気持ち というのは
「感情」に「考え」が含まれるもの
と、私はとらえています。
胸のなかで 感じて
胸の奥で ころころ 転がしながら
感じた、気の重さ、軽さなどの
「気+持ち」が 気持ちだと思います。

「思い」は

「気持ち」と似ていますが、
「思い」は「思考」「思想」とつながっていて、
心の奥でころころと ころがすだけでなく、
頭の奥でもさらに ころころと転がして、
「あぁ、こんな風に、私、思っていたんだ」

みたいに思うのではないか?

捉えています。

感情は 温度が すごく高かったり低かったり
と、ちょっと 激しい系かも。

それでね、

感情には はじめに ぱっと思った感情と

あとから 頭でこねくりかえした感情がある、

と いうことを 教わったのですが。

(どこで? それはね、香川県のオープン・ハート・カレッジでです)

頭でこねくりかえしてるのが、
この思い~~~
なんやないかなーと思う。

これは、何度も何度も胸の奥で反芻されてきた思い
何度も何度も、頭の中で 大切に繰り返して
イメージされてきたのが 思い。

気持ちは
頭というより 胸のところよねー。
胸のつかえが あるとか
胸のつかえが とれた とか
いうじゃないですか。

それって

気持ちですよねー。

感情ではないー。思いともちょっと違うー。

胸のおくの丸い球をころころ転がして
重さを感じてきたのが
気持ちなんだと思います。

それにくらべて

感情は もっと 単純なものだと

思います。

激しいもの、と、認識されています。

☆長くなってきたので、次に続きます☆