新車を日産で購入した時に感じたこと

2016年10月に子供が増えたこともあって、日産のセレナを新しく購入しました。それまでは、コンパクトカーに乗っていましたが、子供が増えて大きくなったこともあり、室内空間がかなり狭く感じられるようになってきたためです。日産のディーラーで当時発売されたばっかりの新型セレナを試乗させてもらいましたが、とても快適で運転しやすく、当時としてはボックスカーとして初となる自動運転も体感することができました。室内空間も広々としていて良かったので、即決で購入を決めました。また、日産のディーラーの接遇がとても改善されていることに驚きました。ディーラーの中で待っていると、飲み物やお菓子を出してくれました。また、そのお菓子も季節限定の商品でしたし、飲み物も種類が豊富にありました。子供の遊び場があって子供にジュースを提供してもらうなど至れり尽くせりでした。以前の日産はどこか殿様商売のようなところがあり、あまり好きではありませんでしたが、このまま経営努力を続けてもらいたいと思いました。

初めての新車購入の際の購入基準

20歳の時に全て込みの金額で300万円のワンボックスの車を買いました。
車選びの際に、いくつものメーカーのディーラーへ行き、気になる車を全て試乗し、
金額や性能、乗り心地等を考えて最終的に3台へ絞りました。
全てワンボックスでメーカーだけが違い、クラス的には同じでした。
なので金額的にはあまり差は無く、試乗してもさほど差が無かったので
どれがいいか迷っているとA,B社のディーラーの方から
「うちの車の方が他よりも優れているので是非お願いします。」と言われC社の方からは
「どの車も優れているので、お客様が満足されるものを購入されたらいいと思います」と言われました。
C社の方から言われた言葉を聞き、素晴らしい人だと思い、今後お世話になるならこの人に
お世話になりたいと思いC社にて購入しました。
車を買う際に、車の性能や見た目金額を気にするのは当たり前ですが
お店側の人間性も見なければいけないなと思いました。
その後、購入してからその方には何度かお世話になり、本当にC社で購入して良かったと思ってます。

田舎じゃ車は生活必需品なんですよ

私が住んでいる栃木県では車というものはステータスだとかそういうものでは無く、無いと暮らせない生活必需品です。
正直家から一番近いコンビニに行くにも車がないとなかなか行けないくらい車は必需品です。
というわけで車は安くてちゃんと動くということが重要視されます。
というわけで中古車を買いにいったわけですが、そこで私がまず聞いたのは「このお店で一番安い車はどれでしょうか?」ということでした。
店主にいくつかの車を見せてもらいました、安いのは本当に安いのですがニコイチ(壊れた二個の車を合体させて一つにしたもの)とかもありましたが流石にあまりに安すぎるのは危ないような気がするので最低金額よりは少し高いのを選んでみました。
まあ、強制保険の自賠責や整備費用やらで結構お金はかかってしまいましたが私の安い収入でもなんとか一括で買ってそのままガソリン代しかかからない状態になりました。
最後に任意保険ですが、流石に対人物無制限には入りました、もし人をひいたりしたら払えませんからね。
車両保険に入らないと任意保険もかなり安いです。車両保険で守るような車ではないですからね、でもしっかり動いてくれます。